フラット35とは?フラット35sって復活するの?

35年の長期固定金利住宅ローンであるフラット35を中心にご紹介しておりますよ。

HOME

住宅ローンフラット35について

フラット35とは、民間金融公庫と住宅金融公庫の提携によって新設された長期固定型のローンです。

フラット35の特徴の1つ目は、なんと言っても長期固定金利型ということです。

最長35年間、完済まで資金受け取り時の金利が適用されます。

現在、低金利時代で金利変動型住宅ローンが注目されていますが、今後景気が良くなってくれば金利が上昇することもかんがえられますよね。

そこで、フラット35だと、金利が上がり返済額の負担が増えるリスクを避けることができるのです。

特徴の2つ目は、保証料と繰り上げ返済手数料が無料ということです。

通常の民間金融機関の保証料は数十万円もします。

また、返済手数料が数千円かかることがしばしばあります。

少しでもコストを下げるには、フラット35はおすすめです。

特徴の3つ目は、フラット35は住宅金融支援機構が独自に定める技術基準をクリアした住宅にしか適用できない住宅ローンです。

つまり、長く安心して住める住宅に暮らすことができる保証があるということです。

技術基準には、対象の住宅に耐久性や省エネ性、耐震性、防火性といった基準があります。

戸建の場合は設計から竣工までに第三者の専門家によって3回物も件検査を行うので審査を通った家は自然と良い家だと認定されたのと同じなのです。

特徴の4つ目は融資額が100万円~8000万円であることです。

この融資額は、建築費用や消費税を含めた購入額の80%まで借りることができます。

フラット35の特徴をまとめると、安全で省エネな家に安心して住みながら、低金利の住宅ローンを長期間組み安心して人生設計を立てることができるのがフラット35です。

将来金利が上昇するかもと思っていたり、今よりも返済額が高くなるのは嫌だという人にはフラット35でローンを組むとよいかもしれませんね。

フラット35金利ならここでチェック。

アーカイブ

カテゴリー

Page Top

Copyright(c)フラット35とは?フラット35sって復活するの?. All rights reserved.